消費者金融 口コミ

お金の借り過ぎは自己破産への危険な近道!

昔は担保になるものを提示して査定を受けてお金を借りていましたが、現代は、消費者金融ローンやクレジットカードのキャッシングなど、手軽にお金を借りられる時代になりました。電話やネットで申し込んで早ければその日のうちにお金を手にすることができます。

とても便利でスムーズなローンやキャッシングですが、手軽な分、ついつい借り過ぎてしまう人が後を絶ちません。住宅ローンや教育ローンのように、使用目的を指定したローンではないので使い方は自由ですが、簡単に借りられるからと必要以上に浪費すると、大変な事になります。

借金は、あくまで借りているものですので、利子をつけて当然返さなければなりません。買い物をするにしても、自分の収入額内ですればマイナスにはなりませんが、借金をした時点でもう資産はマイナスになるのです。

手軽に借りられるローンやキャッシングは、金利が高く設定されています。いつ、いくらの収入があり、基本生活費としていくら必要だから、差し引き●●円は毎月返済に回せる、という事を確信してから借りるようにしないと、返済が滞り、利息分がどんどん膨らんでいきます。利息分が膨らむという事は、借りた金額よりもかなり多くの金額を金融機関に払わなければならないという事です。

自分の返済能力以上にお金を借ると、延滞してしまう可能性があります。それがあまりに続くと、金融機関は取り立て業者に取り立て業務を任せます。全部ではありませんが、取り立て業者の中には悪質な恐喝まがいの行為をするところもあり、生活が脅かされる可能性もあります。

それを回避するために他の所からまた借金して返済に充てる、という事も望ましくありません。それが重なると大手からは借りられなくなり、徐々にヤミ金と呼ばれる違法業者からお金を借りる事になります。ヤミ金では法外な利息を要求されるかもしれません。

このように、便利にお金を借りられる時代だからこそ、複雑な危険も潜んでいます。自己破産への道に足を踏み入れないよう、自分の返済能力を客観的に把握した上でローンを組むようにしましょう。

水商売でもお金を借りられる機関

水商売だと、お金を借りるのは不可能だとあきらめていませんか?医師や弁護士、公務員や上場企業の会社員に比べれば確かに不利な職業かもしれませんが、様々な条件をクリアすれば、十分貸してくれる金融機関はあるはずです。

様々な条件とは、まず、きちんと確定申告をして税金を払っているかという事。水商売の人は確定申告をしていなかったり、していても必要以上に経費計上していたりして、税金を正当に支払っていない事が多いようです。お金を借りたいと思ったら、まずは税金の支払いをクリアにしましょう。

そして、複数の会社に借金を申し込んでいたり、過去に返済が滞った記録などがないか、という事もポイントです。これは水商売に限らず、どの職業でも当てはまる項目です。沢山の会社に申し込むと、ブラックリストに載り、審査に通りづらくなります。

また、水商売と言っても千差万別です。年収300万円の人もいれば1000万円を超えている人、賃貸で一人暮らししている人もいれば実家で家族と暮らしている人など、返済能力は様々です。住宅ローンは一般的には水商売だと厳しいと言われていますが、申し込む銀行にまとまったお金を預けていたり、何年間も収入が安定していてしっかり申告している、という証明ができれば組める可能性もあります。消費者金融機関でも、一般的に水商売は審査に通らないと言われていましたが、最近では女性向けのローン商品もあり、利用しやすくなっています。

職業で与信される事よりも、まずは収入が安定しているか、他に借金がないか、借金を申し込みまくっていないか、という事が重要なポイントになります。焦らずじっくり、利用できる金融機関を探してみてください。

ネットや電話で楽々手続き!来店不要のキャッシング

お金を借りたいけれど、店舗まで行って窓口で手続きをする、というのは、なかなかハードルが高いですよね。借金をするという行為はどうしても後ろめたさが0ではありませんので、できれば誰にも会わずに人知れず行いたいものです。

消費者金融機関からお金を借りる際には、ネットや電話で手続きができるのでとても気楽です。スマートフォンや携帯電話からも手続き可能なところがほとんどです。

まず、ネットや電話などで申込書を入手し、本人確認など必要書類と一緒に送付します。すると、審査が行われ、結果がメールや電話、郵送などで届きます。そして、カードも手元に届けば機械で誰にも会わずにお金を引き出す事が可能なのです。

その流れもひじょうにスムーズで迅速です。早いところでは、最短30分でお金を借りられます。申し込んでから30分後にお金を手にすることが出来るなんて、便利な世の中ですよね。

ただし、この利便性の高さに、借金だと言う感覚がマヒしてしまい、借り過ぎてしまう人も少なくありません。簡単に借りられるからこそ、自己管理能力が必要とされるのです。いつ、いくらの収入があるのか把握し、基本生活を送る上でどれくらいの支出分が必要かを確認して、月々の返済可能額を割り出し、確実な返済プランを立てる事が利用の大前提となります。返済が長引くほど利息が膨らみ、生活を圧迫することになりかねません。さっと借りてさっと返す、を原則に上手に活用しましょう。

無利息でお金を貸してもらう際の注意点

大手だけでも消費者金融機関は沢山ありますが、サービス内容は各々異なりますよね。中には、初回利用時、借り入れから何日間かは無利息、といったありがたいサービスを提供している会社もあります。

無利息でお金を貸してもらえるなら利用しないと損!と思って飛びつきたくなるかもしれませんが、注意点もあります。返済が少しでも遅れたら、すぐに高い利息がついてしまうという事です。確実に無利息期間内に完済できるのであれば、何の手数料もかからないので、もしかしたら自分のお金を銀行口座からおろすよりもお得かもしれませんが、一日でも遅れると手数料以上の利息がついてしまう可能性もあるのできちんと確認しましょう。

返済期間の他には、色々な会社から借り過ぎてしまう点にも注意が必要です。複数の会社から借金をすると、その後もし住宅購入を考えてローンを組もうとした時、審査のマイナスポイントとなります。色々な所からお金を借りている、という履歴が残るからです。住宅ローンでなくても、別の消費者金融機関に申し込む際も、複数の会社からお金を借りている事がわかると審査に通りづらくなります。

無利息だからと言ってむやみやたらに利用するのではなく、自分の収入額とお金が入る時期をしっかり把握し、基本支出を確認した上で活用することが大切なのです。いくら無利息でも、借りた分は返さなければなりませんので、無理な買い物やお付き合いのために利用することはお勧めできません。確実な返済プランを前提に、上手に無利息期間を活用してください。

初めての利用だと無利息期間がある消費者金融機関

消費者金融機関は、いわゆるサラ金で、少しでも返済が遅れるとヤクザのような取り立て屋がやって来る、というドラマティックなイメージを抱いていませんか?確かに、あまりにも延滞が長引き、借金がかさみ、という事があると、厳しい取り立てが行われますが、消費者金融機関は暴力団ではありません。大手銀行系列の会社も多く、世間一般的に優良とランク付けされている会社も多々あるのです。

きわめて合法的に営業している大手消費者金融機関では、利用者獲得のために様々なサービスやプランを提供しています。その一つが、無利息期間です。会社によって異なりますが、初めての融資の場合、30日間は無利息、などの期間があり、利用しやすくなっているのです。

たとえば、急にお金が必要になった時、銀行でお金をおろせばいいけど、もう利用時間外で手数料が取られてしまう、といった場合、無利息期間であれば消費者金融機関からお金を借りた方がお得です。ただし、必ずその期間が終了するまでに完済しなければ意味がありません。一日でも過ぎてしまえば高い利息がついてきますので、手数料より安くすませるには速やかな完済が大切なのです。

この無利息期間は、たいてい初回利用のみに限られます。だからと言って色々な会社からお金を借りるのはお勧めできません。返済が遅れたら沢山の会社に利息を払わなければならなくなりますし、複数の借金はその後のローン組などに悪影響を及ぼす可能性もあります。ちょっと足りないけどすぐ返せる時にだけ賢く利用して、生活を楽しんでくださいね。

一度登録すればその後の借金が楽々!

お金を借りると言うと、どうしても面倒な手続きが必要で煩わしい、と感じる人もいるかもしれません。でも、消費者金融機関ローンやクレジットカードのキャッシングを利用すれば、スムーズにお金を借りる事ができるのです。

消費者金融機関の場合、最初はインターネットや電話、郵送や窓口などで申し込みをし、本人確認など必要書類を送付して、審査を受けます。審査と言っても住宅ローンのように厳重なものではなく、だいたいの会社では即日に結果が出ます。その後、利用者カードが手元に届きます。カードを使えばいつでもATMなどの機械から限度額内でお金を借りる事ができるようになります。

クレジットカードをお持ちでしたら、それに付随しているキャッシング機能を利用するととてもスムーズです。クレジットカードを作る際に、審査は終わっておりますので、新たに申し込みをする必要がありません。利用限度枠内で買い物+キャッシングをすることができます。

このように、一度登録してしまえば、実際にお金を借りる時にはとてもスムーズに現金を手元に入れることが出来ますので、とても便利ですよね。ただし、この利便性に憑りつかれて、使い過ぎてしまわないよう注意が必要です。消費者金融機関のローンもクレジットカードのキャッシングも、金利は高めに設定されています。少額しか借りないから、と思っていても、頻繁に利用すれば利息総額はかなりの金額になるでしょう。また、借金を重ねて毎月の返済が苦しくなり、返す期間が長引くほど、やはり利息の総額は膨らんでしまいます。便利で手軽な分、自己管理をしっかりする必要がありますので、ぜひそれを肝に銘じて、賢く生活に取り入れてくださいね。

融資が迅速な消費者金融会社

お金が急に必要になった時、銀行からすぐおろせればよいですが、そうもいかない事もありますよね。給料日前でちょっと足りない、買い物してしまったばかりで残高がない、なんて事もよくあります。そんな時、消費者金融会社のローンはとても便利なシステムです。

消費者金融会社のローンを利用する流れは、概ね次の通りです。まずは、インターネットや電話、スマホ、携帯電話、窓口などから申し込みをします。そして本人確認など必要な書類を提出して審査を受け、通ればカードが手元に届きます。そのカードを利用すればATMなどでいつでも出金することができます。

もっと急いでいる時は、専用のフリーダイヤルに電話をして審査を受け、最短30分後に出金のし方をガイダンスしてもらってお金を手にする事も可能です。モビットは、特にその流れが迅速な事で知られています。他の消費者金融会社もこぞってスムーズな融資を目指しているようなので、サービス内容を比較しながら会社を選ぶとよいでしょう。

このように、迅速に融資を受けられる便利なシステムですが、金利が高めに設定されている事は忘れてはいけません。借入額が大きいほど、返済期間が長引くほど、利息は当然膨らんでいきます。さっと借りて速やかに返済する、という事を基本理念にして最低限の金額を借りるようにしましょう。収入額から基本生活費を差し引いて確実に毎月返せる金額を把握し、借り過ぎに注意すれば、少しお金が足りない時の味方になってくれると思いますよ。

個人事業主でも申し込める金融ローン

個人事業主だと、一般的に公務員や会社員など、一定の収入がある人に比べてローンの審査が通りにくいですよね。弁護士や税理士など、いわゆる侍業の人は例外ですが、個人事業主だと、収入が安定していないのではないかと思われる可能性があるからなのです。

ですが、あきらめる事はありません。個人事業主でも、確定申告をしっかりしていて、赤字になっておらず収入が継続的にある、という事が証明できれば、お金を貸してくれる金融機関はあります。消費者金融機関のローンでしたら、すぐに審査をしてくれるので、急いでいる時にはとても便利です。

ただし、事業が赤字続きだったり、確定申告をしっかりしていなかったりすると、信頼度が落ち、審査に通りづらくなります。A社で落ちたからB社に、それもダメだからC社に申し込んでみよう、と続けざまに複数の会社に申し込みをすると、そこまで資金繰りに困っているのでは返済能力が低いだろうと見なされ、ブラックリストに載ってしまいます。そうなると、他の会社からもお金を借りる事は難しくなります。

事業の資金に充てるため融資を申し込むのであれば、限度額についても注意が必要です。会社によって最高限度額はかなり異なります。年収の3分の1までしか借金はできない総量規制という法律がありますが、これは個人事業主の資金繰りが目的の場合は対象外になるので気にする必要はありません。

消費者金融は金利が高いので、資金繰りに利用することはあまりお勧めできませんが、確実な収入見込みがありすぐに完済できるのであれば、強い味方になってくれるかもしれません。希望的観測ではなく、確実に冷静な視点を持った上で利用するようにしましょう。

沢山の借金があると住宅ローンが組めません

毎日身を粉にして働いている社会人にとって、マイホーム購入は夢ですよね。家族を持っていても、独身でも、自分の城を持つという事は自信と安心をもたらしてくれます。

マイホームを買う際には、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。銀行などの金融機関からお金を借りて長期間かけて返していくわけですが、この住宅ローンは、かなり厳しい審査が行われます。

住宅ローンの審査では、職業、年収、年齢、勤務先、勤続年数、役職、など様々な角度から調べられます。きちんと安定した収入があって長期間返せる能力があるのか、事前調査されるのです。そして、他に借金がないかどうか、という事も重要なチェックポイントになります。

たとえば車のローンを組んでいる、教育ローンを組んでいる、という場合はさほどマイナスにはなりませんが、あまりに重なると審査には通りにくくなります。特に、消費者金融機関で沢山借金があったり、延滞の記録があったりすると、かなり査定に響きます。いくら安定収入があっても、他に返さなければならないところがあるのなら住宅ローンの返済能力が下がる、という事になるからです。

30年ローン、35年ローンなど、長期間ローンを組もうと思うと年齢を考えて焦るかもしれませんが、まずは今している借金を整理してから住宅ローンにチャレンジした方がよいでしょう。その方が、自分も苦しまずに済みますし、清々しい気分で夢のマイホームに住むことができるのではないかと思います。

消費者金融の常用は結婚に不利!

少しお金が足りない時、でもすぐに欲しい時、消費者金融はとても便利ですよね。スムーズな手続きで迅速にお金を貸してくれますので、急な入用の際にはとても役立ちます。

ですが、気軽に借りられるからと言って、常用するのはお勧めできません。たとえ少額であっても借金だからです。何度も利用していくうちに利息が高いという意識が薄れていきますし、と同時にあなたの履歴は汚れていくのです。

これから結婚する、という人は特に利用は控えたほうがよいでしょう。借金がある、もし完済していても何度も借金歴がある、という事は、結婚に不利です。相手が借金をしていたら、信用度がどうしても下がってしまいますし、もし隠して結婚したとしても後でばれたら尚更不信感を高めてしまいます。

結婚までに完済しておけばよいんでしょ、と考えるかもしれませんが、過去に何度も借金をしているとその履歴は残ります。そうすると、たとえばマイホーム購入の際の住宅ローン審査に悪影響を与える可能性もあります。過去に延滞した記録があったら尚更です。

たとえば、彼女にエンゲージリングを送りたいけど少し足りないから消費者金融を利用しよう、と考えているなら、一度冷静に考えてみてください。すぐに確実に返済できるのであればよいかもしれませんが、彼女も借りたお金で買ってもらった指輪を気持ちよくはめられるでしょうか。少し足りないのであれば、指輪のランクを今は下げてもよいか、彼女に誠実に相談した方が、長い結婚生活の中で信頼関係を築くのに役立つのではないかと思いますよ。

1 2 3 4 >